ウソ

消費者金融や銀行カードローンの審査で嘘の申告をされる方が意外と多いようです。

カードローンは無担保・無保証人で融資を受けることが出来る分、信頼が最も重要となります。

その為、申込者が信頼できる人間かを事前審査する必要があります。

 

審査では契約申込者の年収はもちろんですが、勤続年数、勤務年数といった情報も対象になります。

年収が高く勤続や勤務年数が高かったり長ければ、その分、審査には有利になることは言うまでもありません。

ですから審査でウソを付く方がいるのかもしれませんが、実はこれらの情報はカードローン会社はある程度正確に把握できています。

ですから審査時に嘘をつくとすぐにバレますので申告は正確に行うことです。

 

改正貸金業法施行により貸金業者は指定信用情報機関に加盟するのが義務化されています。

この信用情報機関によって契約申込者の個人情報が共有されており、今現在の借り入れ額や過去の借り入れ履歴、返済遅滞がないかなど調べればすぐに分かるようになっているのです。

カードローン審査では勤務先への在籍確認電話が必ず行われますので、無職なのに働いていると嘘をついてもバレます。

また、利用限度額を多くしたいがために年収や勤続年数を偽ったとしても収入証明書を提出しなければいけませんので、これらもすぐに嘘とバレます。

当然、嘘を付けば信用度が落ちるわけですから、審査通過は難しくなりローンカードも発行してもらえません。

 

旦那に内緒で借りたいがために嘘の申告をする専業主婦の方もいるそうです。

専業主婦の場合は旦那の収入等を審査にかけなければ借り入れは難しいので、その点はご了承を。

 

また、マイカーローンや住宅ローンを組んでいるからキャッシングは難しいのではと思い、嘘の申告をされる方もいるようです。

これは総量規制が絡んでいると思われているようですが、これらは担保を入れて借り入れをするので総量規制の対象外となりますので、仮にマイカーローンや住宅ローンを組んでいてもカードローンは可能です。

 

融資のための審査は基本的にどの金融機関もあり、「大手消費者金融だから特別厳しい」、「有名ドコロではない金融機関は甘い」と言う事はありません。

嘘の申告はせず正確に行うようにしましょう。