審査の甘い信用金庫
信用金庫のカードローンは総量規制の対象外の対象外となるため、年収の3分の1を超える借入れが可能です。

また場合によっては専業主婦でもお金を借りることが出来るケースもあり、中々魅力的ではあります。

また都市銀行や有名銀行のような銀行カードローン程ではないにしても金利は低めですので、返済負担も高くないのが特徴です。

ですから事前審査はその分厳しくなりますので、甘いということはまず無いでしょう。

信用金庫は営利を目的としておらず、利用できる方も地域限定などかなり限られています。

また審査時間も永く実際に融資を受けるまで数週間かかるなんてことはザラにあります。

その為使い勝手という点ではあまり良くありません。

カードローンを利用する方の多くは直ぐにでもキャッシングしたいでしょうから利便性を重視するのであれば大手消費者金融もしくは銀行系カードローンが良いでしょう。

面倒な手続きも無くWEBから申し込みが可能、更には即日キャッシングにも対応している業者が多いので便利です。

但し銀行系のほうが審査条件は厳し目ですから審査落ちが心配な方は大手消費者金融の方がお勧めです。

とは言え消費者金融の審査が緩いわけではありませんので勘違いしないようにご注意下さい。

カードローンは不動産屋住宅ローン審査のように担保や保証人は不要となり、保証会社の保証が受けられる方であれば問題ありません。

どのような方が審査に通りやすいのか?これは誰しもが気になる部分かと思いますが、貸金業者でも審査基準の公開はしておらずハッキリと審査通過できるコツというものはありません。

あくまで信用を担保に融資を行いますので返済能力がある方は審査には有利といえるでしょう。

収入が多いということではなく、安定しているかどうか。つまり毎月収入に波がなく一定以上の給料を貰っているか。

また勤続年数も重要視されていますので、働き始めたばかりですと審査通過は難しいでしょう。

審査では申込者のこれまでのお金に関する情報も調べられます。

指定試験機関にて信用情報を閲覧することが出来、ここには申込者の過去のお金に関する情報が記録されています。

クレジットカードの利用やローン支払いがあるなども知れますので、仮に返済遅滞などの経験があるとそれだけ審査に響きます。

特に金融事故もなく安定収入があれば審査通過は難しくありません。

審査には身分を証明できるもの運転免許証や、また収入を証明できるものが必要となります。

特に収入証明書は直ぐに用意できるものではないでしょうから、事前に手配しておくようにしておきたいところです。

信用金庫で借りるのも良いですが、直ぐにでもお金が必要といった緊急性の高い場合は消費者金融もしくは銀行系カードローンを利用するのがお勧めです。