収入証明なし
カードローン契約をする為には事前の審査に通過しなければいけません。

審査の際には身分証明書や学生証といった本人確認書類の他に収入を証明できる書類が必要となります。

収入証明書は職種によって異なり、給与明細書、課税証明書、源泉徴収票、確定申告書などが挙げられます。

所得証明書は直ぐに用意できるものではないので非常に手間のかかり、直ぐにキャッシングをしたい場合には厄介なものです。

その為収入証明書不要でキャッシング出来る貸金業者をお探しの方も多いことでしょう。

改正貸金業法施行により総量規制が導入されただけでなく、年収証明書類のような収入を証明できる書類の提出が義務付けされましたが、これには条件があります。

「50万円以上の借入枠を作る場合」と「複数の業者の借入枠が100万円を超える場合」です。

ですからこの条件に該当しない低額の借り入れであれば収入証明書の提出は基本的に不要となります。

但し全ての貸金業者が該当するわけではありませんので、利用するのであれば大手消費者金融や有名消費者金融が良いかと思います。

また銀行カードローンの場合は貸金業法が適用されませんので、先に述べた条件は該当しません。

その為、銀行によって収入証明書提出の条件が異なりますのでお間違えないようご注意下さい。

利用限度額が10万円~20万円程度の低額であれば、収入証明書の提出を求められる可能性は低いですから希望限度額は少なめにしておくと良いでしょう。

その分、返済時の金利は高くなることだけはお忘れなく。

総量規制の導入により、年収の3分の1までしか借り入れが出来なくなりましたので、いくら借入希望額が低額であっても総量規制で定められた額以上を借りる事は出来ませんのでお間違えないように。

収入証明書不要で融資を受けることは可能ですが、条件を満たせば必ずしも不要となるわけではありませんので、出来れば提出できるように用意をしておくのがベストです。

どうしてもという場合は事前に金融機関に確認をとっておくのが確実ではないでしょうか?