パートの主婦のキャッシング

パート主婦でも消費者金融系カードローンや銀行系カードローンによるキャッシングをすることは可能なのでしょうか?

カードローンを利用するには審査に通過しなければいけませんが、正社員でなくても問題はないのでしょうか?

 

多くの方が「パートでは融資をしてくれないのでは?」と思われているようですが、実際はそのような事はありません。

パート主婦でも働いており毎月安定して給料を貰っていれば借り入れ出来る可能性は十分にあります。

よく勘違いされるのが、パートだから収入は多くないから無理と言うことです。

審査で重要視されるのは収入額ではなく毎月一定の額がきちんと入っているか、つまり安定性を重要視している傾向にあります。

ですから収入がそこまで多くなくても安定していれば大丈夫です。

ただし総量規制の関係上年収の3分の1までしか借り入れできませんので、限度額はそこまで多くなりませんのでご注意下さい。

主婦の方だと、初回にキャッシングできる上限金額は10~15万円、多くて20万円と考えておいたほうがよいでしょう。

 

しかし女性の場合、男性と違ってお金を借りることに抵抗を感じる方は多いのではないでしょうか?

周りの目も気にされることかと思います。

そこでオススメなのが、今は女性向けのカードローンレディースローンがありますので、気軽に借り入れできるようになっていますので利用してみるとよいでしょう。

 

ちなみに、同じ主婦でも専業主婦の場合ですと利用できるカードローンの種類はかなり限られてきます。

本人に収入がありませんので、基本的に貸付を行なってくれる金融機関は少ないです。

専業主婦の方がカードローンを利用するにはご主人名義で契約手続を行うことになりますので、もし利用する場合は必ずご主人に相談をしましょう。

配偶者貸付を行なっているカード会社は大体が銀行系カードローンになり、代表的なのがイオンカード、楽天カード、セブン銀行、この辺りが主流となりますのでそれぞれ詳細を確認してみると良いかと思います。

 

どうしてもカードローンを作ることが出来ない場合は、クレジットカードに付随するキャッシング枠を利用するのも一つの手です。

カードローンほど大きな額を借り入れすることは出来ませんが、いざという時の備えに役立つことでしょう。

 

最後に、過去に任意整理の経験があったり金融事故をしている場合は、ちゃんとパートなどで働いて収入があったとしても、借入することは難しいですから注意して下さい。

 

このように、カードローンは保証人不要でき非常に手軽で便利なサービスです。

貯金に余裕があれば良いですが、不景気の時代ですから家計のやりくりでお困りの主婦は多いことでしょう。

また子供が大きくなるにつれ生活費や養育費は益々かかってきます。

急な出費の時のためにカードローンを一枚持っておく事をオススメします。

また、借り入れする際は借金返済のことも計画的に考え利用するようにしましょう。