任意整理中キャッシング

借金問題を解決できずに弁護士・司法書士事務所に任意整理や個人再生、自己破産といった債務整理手続きを依頼する方は少なくありません。

任意整理とは簡単にいえば借金の返済額を減額し、その中で分割してお金を返していく為の法的な手続です。

自己破産は事実上借金がチャラになりますが、その後ローンが組めなくなったり一定の制限が出てきます。

借金が無くなるわけではなく、あくまでも返せる範囲で返していきますので生活が楽になるわけではありません。

また合わせて弁護士費用も払わなければいけませんので、当然お金に困りキャッシングを利用しようとする方がいらっしゃいます。

ですが任意整理などの債務整理中の方はキャッシングをすることは出来ません。

貸金業者もそのような方に貸してしまうと、返してもらえないと判断するわけですから融資をしてくれるわけ無いのです。

中には任意整理中であることを隠してキャッシングをする方もいます。任意整理は金融事故として登録され金融会社は把握できるようになっています。

きちんと事故情報として信用情報機関に載りますので直ぐにバレます。

また中には中小サラ金のような金融業者で債務整理者に貸付を行うようなところもあります。

大手消費者金融や銀行カードローンでではなく中堅・中小消費者金融で、ヘタすれば闇金融の可能性もありますので、絶対に手を出さないことです。

仮に借入れが出来たとしてもそのことがバレれば弁護士や司法書士にバレてしまい手続を止められる可能性があります。

当然借金の減額は無くなり生活が苦しくなるだけです。

借金返済が難しく任意整理といった法的な手続で解決しようと選んだわけですから、まずは借金をしなくても良い生活を送れるように頑張ることが大切ではないでしょうか?

借金が原因で債権者に迷惑をかけ、自身の生活も苦しめているわけですから、借金から距離を置き、これを機に借金から一切手を引くことです。

くれぐれも任意整理中にキャッシングをしようと思わないことです。