水商売お金借りる
ホステスや風俗嬢、キャバ嬢といったいわゆる水商売の方でもカードローンによるキャッシングは可能です。

消費者金融会社やサラ金・銀行カードローンどちらの金融会社でも申込は受け付けています。

但し水商売の場合審査に通るのは難しい傾向にあります。

これは毎月の収入がある程度決まっているわけではない不安定な状態にあるからと判断されるためです。

確かに多い月と少ない月の差が大きい方もいらっしゃるようですので、そのようなことを考えると収入が安定しているとは言い難いでしょう。

もちろん毎月収入が安定していれば借り入れの可能性はありますのでご安心を。

申込の際に注意しておきたい点があります。

まず嘘の申告は絶対しないことです。

審査に通るために収入や勤続年数を偽る水商売の方が結構いらっしゃいます。

ですが収入証明書を提出しますので直ぐにバレます。

そのため絶対に虚偽の申告はしないことです。

また中には風俗働きや夜の仕事・職業をしていることを知られたくないと思う方もいらっしゃいます。

実はそのような方たちの中には偽装会社を利用する方がいらっしゃいます。

アリバイ会社と言い、嘘の収入証明書の作成や在籍確認の電話を受け付ける業務を行なっています。

実際にその会社に働いているかのように虚偽の申告をするわけですが、これは立派な犯罪ですので止めましょう。

詐欺罪に問われ警察のお世話になる可能性が高いですから、申告は正しくするように。

勤務先の電話確認で注意しておきたいのが、自信の名前です。

本名ではなく源氏名で勤務先では通っていることでしょうから本名を知っている方は店長などの上の方くらいではないでしょうか?

金融機関によっては源氏名で電話確認を受け付けているところもありますが、そうでないところもありますので注意しましょう。

審査通過後は契約書(借用書)とローンカードをキャッシング会社から受け取ればお金を借りることが可能になります。

受け取りは郵送だけでなく無人契約機でも可能です。

直ぐにでも借りたい場合は無人の自動契約機のほうが良いかと思います。

融資限度額は初回は少なめに設定されますので、増額をしたい場合はきちんと返済を行い信用を得てからとなりますのでお間違えなく。

いきなり増額をすることは出来ません。

カードローンは非常に便利ですが、あくまでも借金です。

この事を忘れてお金を次から次へと引き出していると、さも自分の口座からお金をだしているかのような感覚に陥りやすいです。

無理のない計画をきちんと立てないと自己破産への道を歩むことになりますので、くれぐれもその点は自覚しておきましょう。