教育ローン

入学金や教材費、制服代などなど子供の教育にはお金がかかりますよね?

コツコツと準備をしてきたつもりでも、いざという時に教育費が足りないなんて事もあることでしょう。

教育費の為にお金を借りる方法として代表的なものが教育ローンかと思います。

ローンですから当然事前審査に通過しなければいけませんが、果たして審査は甘いのか厳しいのか気になるところです。

教育ローンや学資ローンというものは国のものと民間のもの2種類があります。

国の教育ローンはとにかく低金利で非常にありがたいものです。

一方民間の教育ローンは借入額が最高で3000万円で可能なところもあり使い勝手が良いです。

しかし民間の場合は商売ですので金利はその分高めではあります。

気になる審査ですがどちらも厳し目ですので簡単には借りることは出来ません。

特に国の教育ローンは手続きも面倒ですし、ハードルが高いでしょう。

学費ローンや学資ローンなども同様に審査通過は難しく手間がかかります。

他には奨学金を利用するという方法も挙げられます。

教育ローンとは違い、就学中ではなく借りた本人(学生)が働いてから返済を行うというものです。

学生本人が主体ですので、仮に親が債務整理などでブラック入りをしていても審査に特に影響することはありません。

金利は3%以内もしくは無利子のものもあります。

但し実際に融資をしてもらうまでにかなり時間がかかりますし、提出する書類も多く手間です。

また長期的に返済をしていくというデメリットもあります。

教育ローンや奨学金は基本的に審査が厳しく融資実行までにどうしても時間がかかります。

もしすぐにでもお金が必要という場合は消費者金融や銀行カードローンで借入するのも良いかと思います。

審査は決して緩くありませんが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば利用することは可能です。

金利は少々高めですので毎月の支払は多少多くなりますが、申し込んだその日にキャッシング出来ますので非常に利便性が高いです。

金融業者によって審査に通りやすいというものはありませんが、利用しやすいローンサービスですのですぐにでも借りたいという方は申し込んでみてはいかがでしょうか?