自己破産後のキャッシング

自己破産後は大手消費者金融はもちろん銀行カードローンによるキャッシングは出来ません。

自己破産は金融事故情報として信用情報機関に登録されます。

金融機関は、この情報を共有できますので、申し込みの時点で審査落ちし融資をしてくれることは、まずありません。

自己破産申請を行うと事故情報が信用情報機関に登録され、大体5~7年前後まで消えません。

ですから自己破産手続き後5年~10年はは借金できないと思ったほうが良いでしょう。

そもそも借金の返済義務を守れず、その義務から逃げた訳ですから、これを機に金融屋からの借り入れはしないようにしたほうが良いでしょう。

また自己破産手続きの最中に借り入れをすると弁護士から契約解除をされる可能性が非常に高いですから絶対に借り入れはしないことです。

カードローンだけでなくクレジットカードも作れません。

その他のローン商品も組むことは出来ませんので、債務整理者は借金という借金は一切できないと考えたほうが良いでしょう。

自己破産経験者の中には金融事故情報が消えなくとも借り入れをしたことがある方もいらっしゃいます。

本来借り入れができないはずなのに、どのようにしてどの金融機関からキャッシングをするのでしょうか?

それはヤミ金や中小サラ金です。ヤミ金は自己破産者の載った名簿を違法に入手し自ら勧誘の連絡をしてくることがあります。

ご存じの方も多いかと思いますが、ヤミ金の金利は非常に暴利です。

トイチやトゴといった通常ではあり得ない高金利で債務者を追い込みます。

非常に危険ですから関わらないことです。

中小のサラ金も「ブラックOK」等と謳い、自己破産者を喰い物にしようとしています。

返済能力のない方にわざわざ融資しようなんてまともな金融機関であれば絶対にしません。

絶対にこのような甘い誘い文句にのらないことです。

自分だけでなく家族や親戚にも被害が及びますのでくれぐれもご注意を。