自営業キャッシング
自営業や個人事業主は公務員や企業の会社員に比べるとキャッシングは難しいですが、それでも融資を行なっている金融機関はいくつかあります。

審査に厳しい理由は、単に自営業者や個人事業主を嫌っているというものではなく、収入の安定面という点で正社員に比べると劣ると判断されるからです。

とは言え、収入が安定していれば消費者金融・銀行カードローンのどちらも借入れは十分に可能です。

但し審査は銀行系のほうが厳しめではありますので、消費者金融の方が利用はし易い傾向にあります。

経営者がお金を借りる目的は「生活費の足し」や「急な出費」といった日常生活でのお金の使用ではなく、「自己資金や事業運転資金」といった事業性資金目的で借りるという方が多いのではないでしょうか?

その場合は個人名義で申し込むのではなく、ビジネスローンを組むことになります。

一般的なカードローンは主に個人向けに融資を行なっており使途目的は自由とされていますが、事業性を除くとされているのが殆どですので注意が必要です。

資金の調達であれば日本政策金融公庫から融資を受ける方法もありますが、実際に融資を受けられるようになるまで時間がかかります。

時間がかかっても問題なければ良いですが、急ぎ必要とする場合はカードローン会社の融資を利用した方が良いでしょう。

審査には本人確認書類と収入を証明できる書類が必要です。

個人事業主の場合は給与明細はありませんから青色申告といった確定申告書となります。

審査の際は金融機関は指定信用情報機関にて信用情報を閲覧することが出来ますので、申込者のこれまでの借り入れ等に関する情報を知ることが出来ます。

金融事故や任意整理などの経験がある場合は審査にはその点も考慮されますのでご注意下さい。

また、ビジネスローンの場合ですと住宅ローンのように担保か保証人、もしくはその両方が必要となる事が多いです。

この条件を満たせない方も多いかと思います。

そのような場合はプロミスから借入れをすることをオススメします。

プロミスであれば個人名義であっても無担保・無保証で生計費だけでなく事業費としても利用が可能だからです。

但し消費者金融は金利が高いですから、あくまで短期借入れ目的の方が良いでしょう。

融資は所得金額に応じて異なりますので、希望通りの額を借入することは難しいです。

追加融資を受けようにも直ぐには無理です。

ある程度の信用を得てからでないと難しいのです。

融資を受けられたからといって安心せず、きちんと借金返済のことも考え利用する事が大切です。

「毎月いくらの返済をし完済するのはいつなのか?」などをきちんと把握しておきましょう。