ブラックOK

改正貸金業法施行により金融機関は指定信用情報機関に加盟する義務付けがされるようになりました。

この信用情報機関ではお金の借り入れに関する個人情報が登録されており、申込者の審査を行う際に過去の情報を閲覧し融資をするかどうかの判断材料にしているのです。

この信用情報には金融事故も登録され、いわゆるブラックリストと呼ばれるものでもあります。

例えば返済遅滞の経験がある場合も、それは金融事故として登録されますし、他には債務整理をされた場合も金融事故として載ります。

このようなブラックの場合ですと消費者金融や銀行でキャッシングをするのは難しいでしょう。

自己破産者の方や任意整理者は短くても5年以上はブラックリストから消えませんのでご注意を。

またブラックはブラックでも申し込みブラックもあります。これは短期間の間に何社も申込をする方を指します。

万が一融資が受けられなかった時の事を考え一度に複数社に申し込むのです。

このような方はお金に非常に困っており返してもらえない可能性が高いとカードローン会社は判断し、審査落ちさせる傾向にあります。

ですから多くても申し込むのは3社までぐらいが良いと言われています。

他にも多重債務者も同様でお金に困っている、もしくは借金を借金で返済しようとしていると判断し、融資を断るようです。

金融会社の中には「ブラックOK」等と謳い、ブラックリストに載っている方でも申込を受付けているところがあります。

これは大手消費者金融ではなく、力のない中小消費者金融が行なっているケースが殆んどです。

ブラック対応消費者金融とも言われており、このようなサラ金は昔は多かったようです。

最近では減少傾向にありますが、それでも一定数は存在しており注意しなければいけません。

表沙汰は中小の消費者金融のように装っていますが実は闇金だったというケースが多いので被害に合わない為にも、このような謳い文句をしている業者には手を出さないことです。

またブラックですとカードローンによる借入れだけでなくクレジットカードも作るのは難しいので、その点もお忘れなく。

借金の返済が1日2日程度送れただけではブラックになることはないようですが、何ヶ月も遅れると当然リスト入りとなります。

その後は債権回収会社が何度も督促の電話をし、時には直接訪問することもあります。

また最悪の場合裁判で訴えられることもありますので、くれぐれもブラックリストに載らないように気をつけましょう。