*

今月ピンチ!即日でお金を借りることはできるのか?

 

お金借りたい

今すぐにお金が必要という場面を経験したことのある人は多いかと思います。

例えば、給料日前でお金に余裕がないときに同僚・友人から飲みに誘われてしまったとき。

そのほかだと、クレジットカードを使いすぎてしまい通帳の貯金額が激減してしまったとき。

そんなときに限って生活費・光熱費が高かったりもしますよね?

また、彼氏の誕生日だったり、男性では風俗にお金を使いすぎてお金がないという人も多いようです。

旦那さんや家族の生命保険のローンを毎月生命保険会社に払うのもなかなかの出費です。

子供が大学生ともなれば、入学金でお金もかかります。

奨学金を受けれればいいかもしれませんが、なかなかそうも行かないのが現実でしょう。

もし芸術大学などに行きたいと言い出したら莫大なお金がかかってしまいますよね。

1

そんな急な出費があったときに誰しもが「すぐにお金を借りれないかな?」と考えるものです。

しかしさすがに友達や実家の両親からお金を借りるというのは気が引けますよね。

社会人ともなればなおさらです。

では、金融機関から簡単に即日でお金を借りる方法はあるのでしょうか?

実は、今は大手の消費者金融・銀行などの金融会社では、その日に当日キャッシングを行なうことは十分可能なんです!

アコムやプロミス、みずほ銀行カードローンなどの金融ローンというのは条件を満たせばすぐに融資してもらえます。

ただし、指定曜日・時間帯に契約するという条件を満たさなければなりません。

これは、指定時間を過ぎると銀行窓口が閉まってしまうため、現金振込みができなくなってしまうからです。

もちろん保証人や担保の名義などは必要なく、ちゃんと働いていて毎月安定収入があれば、年収などは関係なく審査通過は可能です。

金利や利息も、昔のカードローンに比べそこまで高くはありません。

必要書類

では、カードローンの審査のときはどのようなものが必要書類として必要なのでしょうか?

まず、本人確認として「身分証明書」が必要となります。

これは自分の運転免許証や保険証、パスポートなどでOK。

収入証明書などについては高額の借り入れでなければ不要のところが多いようです。

審査時の一番の注意点は、職場や勤務先に在籍確認の電話が行くことがあるということ。

基本的に「カードローン会社の名前」を直接は名乗らず、電話をかけてきた担当者の個人名を名乗るため、仕事場の同僚や上司にバレる心配などはありません。

自営業者・個人事業主の場合は在籍確認電話はありませんが、そのぶん「確定申告の写し」などを提出しなければいけないので注意しましょう。

ちなみに、借金の返済滞納が多い人やブラックリストの人は審査に落ちてしまう場合が多いようです。

仮に融資審査のときにウソをついても、信用情報機関で情報はすべて管理・共有されているので、まずバレます。

中には「ブラックOK!」といった触れ込みのサラ金業者もありますが、闇金融の可能性が高いので借りてはいけません。

このように、即日でお金を借りるというのは十分に可能です。

正しい知識を持って消費者金融や銀行系カードローンに申込みをするようにしましょう。


 

総合ランキングはコチラ!
111
即日融資ならココ!
222
おまとめローンはココ!
333
収入証明不要はココ!
444
女性専用ならココ!
555


 

公開日:
最終更新日:2015/07/24